Responsive image
2019.06.30

長距離走行の準備は大丈夫ですか?

さて、SOARER FESTIVAL 2019まで半月を切りました。車の準備は大丈夫ですか?実行委員の中には昨年の信州オフに向かっている最中に白煙吹いて止まってしまい、レッカーに載って引き返したなんて苦い思い出のあるメンバーもいます。皆様には同じ轍を踏むことが無いようおすすめのメンテナンスを紹介します。逆にメンテナンスに集中していて参加表明忘れていたなんて方は、急いで参加表明してくださいね。

1.バッテリー

まずはバッテリー。今回は夏開催。気温が高くなるこの時期はバッテリーのトラブルが多発する時期です。何年もバッテリーを変えてないという方は、是非チェックすることをお勧めます。通常比重計で測定してもらうことでチェックすることができますが、最近のバッテリーや、密閉型のバッテリーでは点検窓を覗くだけで簡単にチェックできる様になっています。ぜひチェックしてみましょう。
Responsive image

2.エアコン

バッテリーに引き続き、暑い時期にトラブルが出るエアコンです。もうエアコンを利かすことを諦めている方もいるかも知れませんが、快適な移動にはエアコンは欠かせませんね。車上点検ではサイトグラスの泡の状況を見ることで快適に点検できますが、ちゃんとガス圧を点検してもらうとより安心ですね。
Responsive image

3.ベルト類

通常の点検で毎回チェックされているベルト類ですが、走行中に突然切れることもあります。例えばエアコンのコンプレッサーがロックしてベルトを引きずり引きちぎるなんてことも起こります。普段の走行中にキュルキュルとベルトを引きずる音がしていれば要注意です。ベルトの面を見てすり減り傷などがないか点検してみることをおすすめします。
Responsive image

4.クーラント

7Mは特になのですが、暑い時期のトラブルの予兆を見て取れる場所はクーラントです。錆びて茶色くなっているもの、どれだけエア抜きしてもエアが出てくるなどいろんな不具合の兆候が出ます。よって、ちゃんとメンテナンスをされていない車はクーラントを見ると一目瞭然だったりします。クーラントがきれいな色をしていれば問題ありません。そうでない場合はきっちりメンテしてから参加されることをおすすめします。
Responsive image

最後に

ソアラはLexus SC430の最終型が出てから9年、もうすべての型で一般的には古い車となってしまっておりなかなかトラブルフリーとはいきません。せっかくの年に1度の機会ですので、しっかり準備して万全の状態で楽しみましょう。そして、参加表明がまだの方はぜひ、参加表明という準備も怠りなくお願いいたします。

運営:SOARER FESTIVAL 2019 実行委員会 / チーム纏